医学部の予備校にいって医師になれて本当に良かったです

自分の決断を促したという点が良かった

そのような事を考えるとこの選択には大きな意味があったというように考えられます。
つまり、自分の決断を促したという点が良かったと考えられるのです。
この決断はある程度のリスクを伴うモノでなければ人は決断をする事が出来ないものです。
もし、それがだれでも簡単に出来るというような事であれば決断をするような必要すらありませんが、誰でも出来るというわけでは無い事を知っているからこそ、自分で決めたことに責任をもって取り組むという事が出来るわけです。
そうした意味ではこの決断の時期は人生の厳しさを理解するよい時期だったという事も言えるのかもしれません。
世の中は義務教育が教えている程甘いようなものではありません。
運動会で順位をつけることに反対をするというようなびっくりすることが最近はあるようですが、そのような事は世の中では通用しないのです。
受験というのはその最たるもので何と試験の結果で明確に区別をするというのがこの意味という事にもなっていて、試験に合格すればその後の生活が保障されたに近い状態になるのに対して、落ちれば何もない世界に行ってしまうことになるという極めて厳しい状態になる事を知らなければならないわけです。
この事を考えれば決断というものが実は当たり前の事だったという事が分かります。

特に迷ったのが医学部の予備校に行くところ | 自分の決断を促したという点が良かった | 受験の時にこの現実を何とか理解することが出来て良かった

医学部予備校大阪の医学部予備校徹底比較ランキング!